メルマガの配信元アドレスが変更となりました

フィブイントラロジ、ロボット活用の仏エクゾテック製ピッキングシステムの販売代理店契約締結

フィブイントラロジ、ロボット活用の仏エクゾテック製ピッキングシステムの販売代理店契約締結

ラックから自動取り出し可能

物流自動化機器などを扱うフィブイントラロジスティクス(神戸市)は5月28日、フランスで物流ロボット開発などを手掛けるスタートアップ企業Exotec(エクゾテック)製のロボット型ピッキングシステム「Skypod(スカイポッド)」の販売代理店契約を締結したと発表した。

Skypodはロボットがラックから必要なアイテムを作業担当者の元へ運ぶ「Goods to Person(GTP)」方式を採用。ラックは高さ12メートルまで設定できる。通常の棚より約5倍の高密度で商品を保管、入出荷を効率化できるのが特徴。ピッキング速度は毎時最大で1ステーション当たり500ビン(回)。

少量多品種の商品を多頻度で入出荷するEC事業者などの利用を見込む。


Skypodの外観(フィブイントラロジスティクス プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事