【動画】佐川グローバルロジ、EC事業者が物流ロボットや保管スペース共有可能な新センター公開

【動画】佐川グローバルロジ、EC事業者が物流ロボットや保管スペース共有可能な新センター公開

使いたい時に使いたい分だけ利用、設備投資抑え業務効率化狙う

SGホールディングス傘下で国内のロジスティクス事業を展開している佐川グローバルロジスティクス(SGL)は11月28日、埼玉県蓮田市の「蓮田営業所」内に新設したEC事業者向けの「ECプラットフォームセンター」をメディアに公開した。

中国系の物流ロボットメーカー、ギークプラス製の自動棚搬送ロボット「EVE500」を32台導入。複数のEC事業者が最新の設備やシステム、保管スペースを共有し、必要な時に必要な分だけ使えるようにすることで、設備投資負担を抑えながら在庫管理や出荷の業務を効率化できる体制を提供する。SGLはスタートアップ企業や中小事業者らの利用を見込んでおり、今年12月に稼働を開始する予定。


蓮田営業所の外観(SGLプレスリリースより引用)

全国への順次拡大も検討

蓮田営業所はオリックスが2018年に開発した地上3階建ての物流施設に入居、19年に営業を始めた。倉庫面積は延べ6176坪。新センターは同営業所内の約800坪(約2600平方メートル)を占め、稼働開始当初はEVEに加えて、商品の保管棚を574本設置。EVEが出荷指示の出た商品が収まっている棚の下に潜り込んで持ち上げ、ピッキング作業スタッフのいるエリアに搬送。作業スタッフはシステムからの指示に従って、棚の中から該当する間口に入っている商品を取り出すとの流れだ。

併せて、入荷した商品を納める保管棚を指示すれば、EVEが自動的に棚をスタッフのところに運ぶ。作業スタッフは庫内を歩き回る必要がなく、営業所を運営するSGLとしても省力化を図ることができるのが利点だ。

EVEの活用により、作業の労力を従来の半分程度に抑えられるという。SGLは新センターについて、顧客の利用状況を見ながら随時EVEの台数や保管スペースを拡大していくことを検討する。

また、近隣にある佐川急便の大型営業所とも連携し、配送面でもEC事業者のニーズに応え、広範囲で業務効率化とコスト抑制に貢献できるようにする。将来は新センターの稼働状況を見つつ、自動搬送機などを導入していくことも視野に入れている。


ECプラットフォームセンターに並ぶ保管棚と、棚を持ち上げるEVE


ディスプレーに取り出す商品の間口を表示


指示に従ってピッキングし、これまた指示された箱に収める


棚入れの場所もディスプレーから選択できる



蓮田営業所内で記者会見したSGLの林弘志取締役は、20年4月に東京・新砂の佐川急便東京本社隣接地で完成予定の大型拠点「Xフロンティア」でも同様にECプラットフォームセンターを構える計画にあらためて言及。蓮田と東京の2カ所以外にも全国に同センターを順次広げていきたいとの意向を示した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事