メルマガの配信元アドレスが変更となりました

大和物流、愛知・一宮で1・7万平方メートルの新センター建設へ

大和物流、愛知・一宮で1・7万平方メートルの新センター建設へ

建材や機械など重量物の取り扱い視野、22年5月末竣工見込む

大和物流は6月1日、愛知県一宮市で新たな物流施設「(仮称)一宮丹陽町物流センター」を建設すると発表した。

新センターは名古屋高速16号一宮線の西春ICから約1・5キロメートルに位置。名古屋市内への配送拠点として最適な立地になっている。名神高速道路の一宮ICからも約2・4キロメートルで、中部エリアにとどまらず東西広域への交通利便性も高い物流適地にある。

鉄骨造の地上3階建て、延べ床面積は1万7438平方メートルを計画。2022年5月末の竣工を見込む。竣工後は交通利便性と充実した施設仕様を生かし、中部エリアに拠点を置くメーカーや流通業者向けの保管・輸配送拠点として同社が運営する予定。

新センターは低床式ホームで、建材や機械などの重量物の取り扱いに最適な1平方メートル当たり床荷重2・0トンの仕様を採用。トラックバース直結の貨物用エレベーターと垂直搬送機をそれぞれ2基設置し、効率的な荷役業務を可能にする。

同社は愛知県を中心に中部エリアの物流基盤強化を図るため、総延べ床面積約3万7100平方メートルの大型物流施設「小牧物流センターⅠ」「小牧物流センターⅡ」など、県内に11カ所、総延床面積約15万9145平方メートルの物流施設を運営している。


新センターの完成イメージ(以下、いずれも大和物流提供)


新センターの所在地

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事