メルマガの配信元アドレスが変更となりました

IMO、大型外航船のCO2排出規制強化し既存船にも適用へ

IMO、大型外航船のCO2排出規制強化し既存船にも適用へ

23年開始、国際ファンド創設は審議継続

国土交通省は6月18日、国際海事機関(IMO)が同10~17日に開催した第76回海洋環境保護委員会の結果を公表した。

温室効果ガス対策として、世界の大型外航船を対象とした新たなCO2排出規制「既存船燃費規制(EEXI)・燃費実績(CII)格付け制度」に関する条約改正を全会一致で採択し、当該規制を2023年1月1日に開始する方針を決定。新造船に加え、既存船にも規制を適用することになった。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

委員会では併せて、日本を含む10カ国と国際海運9団体が共同で提案した、海運業界の脱炭素化を後押しする技術の研究開発・実証促進のための新たな国際ファンドの創設について審議。多くの国・団体が支持したが、一部の国が慎重な意見を表明したため、引き続き審議することになった。

このほか、北極海における重質燃料油の規制強化についても採択した。

(藤原秀行)

政策カテゴリの最新記事