メルマガの配信元アドレスが変更となりました

エアモビリティ、スイスの「空飛ぶクルマ」メーカーと代理店契約

エアモビリティ、スイスの「空飛ぶクルマ」メーカーと代理店契約

日本市場参入を支援、23年めどに製品販売開始へ

「空飛ぶクルマ」のプラットフォーム事業を手掛けるエアモビリティは6月22日、スイスのeVTOL(電動垂直離発着機、空飛ぶクルマの一種)メーカーDufour Aerospace(デュフォーエアロスペース)と日本市場における代理店契約を締結したと発表した。

政府は2023年をめどに空飛ぶクルマの事業開始を実現したい考え。25年開催の日本国際博覧会(大阪・関西万博)では空飛ぶクルマを使った観客の輸送サービスを披露することも検討している。

エアモビリティは空飛ぶクルマの早期社会実装に向け、デュフォー社eの空飛ぶクルマ販売権を獲得、日本市場への参入を支援する。販売は23年の開始を予定している。

※以下、プレスリリースより引用(一部編集部で修正)

Dufour Aerospace社 共同創設者兼CEO Thomas Pfammatter氏
このたび日本での空飛ぶクルマ関連プラットフォーム事業のリーディングカンパニーであるエアモビリティ株式会社と協働できることは非常にうれしいことです。日本市場は空飛ぶクルマに対して高度な要求があり、それを前提とした普及計画があることを理解しております。われわれの製品は高い理念の下で開発されており、製品ラインナップも充実しておりますので、その要望に十分応えていけると確信しております。また、私たちは航空機関連での救急医療サービスなど多くの経験、実績があります。エアモビリティ株式会社をパートナーとして迎えることでWin-Winの関係が構築できると期待しております。当社の製品は最高レベルで設計、生産されており、エアモビリティ株式会社との長期的な関係構築ができることを非常に楽しみにしております。

エアモビリティ 代表取締役社長CEO 浅井尚氏
このたび日本市場での空飛ぶクルマの販売権を確保できたことをうれしく思います。Dufour Aerospace社を選択するに際し、熟練した管理チーム、各国での型式認証実績、技術の成熟度、企業理念、製品実現可能性などいくつかの要素を慎重に検討いたしました。その結果、Dufour Aerospace社の空飛ぶクルマは、他社と比較しても非常に魅力的であり、今後、日本市場のニーズに合った機体供給ができると期待しております。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

経営/業界動向カテゴリの最新記事