メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JR西日本グループ、物流施設開発に参入

JR西日本グループ、物流施設開発に参入

兵庫・加古川で3・2万平方メートル、22年5月竣工見込む

JR西日本は4月5日、子会社のJR西日本不動産開発(大阪市北区)が物流施設開発に参入したと発表した。

兵庫県加古川市でこのほど、第1号物件「加古川平岡町NKビル」の建設工事に着手した。鉄骨造の地上4階建て、マルチテナント型で延べ床面積は3万2274平方メートルを計画しており、竣工は2022年5月を見込む。

加古川バイパス沿いに立地し、加古川東ランプへ1キロメートル圏、第二神明道路の明石西ICへ3キロメートルに位置。近隣に住宅街が広がり、雇用確保の面でも強みを持つ。

2階部分へ大型車両が直接乗入れ可能なスロープを設け、最大6テナントが入居可能な設計にする。

JR西日本不動産開発は商業施設やオフィスビル、住宅などを手掛けてきた。今後は物流施設も積極的に開発する方針。


新物流施設の完成イメージ(JR西日本プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事