メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日通、仏シャルル・ド・ゴール空港内の自社倉庫でGDP認証取得

日通、仏シャルル・ド・ゴール空港内の自社倉庫でGDP認証取得

2温度帯管理、医薬品産業の物流ニーズに対応

日本通運は6月29日、現地法人のフランス日本通運が5月19日を発効日として、パリ・シャルル・ド・ゴール空港内に立地する自社倉庫内において、一時保管を含むフォワーディング業務(航空・陸上)に関し、医薬品の適正な流通に関する国際的基準GDP(Good Distribution Practice)認証を取得したと発表した。

フランスは世界的に有名な大手製薬企業に加え、数多くの医薬に関する有力研究機関が存在し、医薬品製造と開発の集積拠点となっている。

フランス日通は自社倉庫内の2~8度(冷蔵)、15~25度(定温)の2温度帯による温度管理機能を備えた空調施設(合計100平方メートル)で、一時保管業務と国際温度管理輸送サービスを組み合わせ、医薬品産業の物流ニーズに対応する。


(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事