メルマガの配信元アドレスが変更となりました

AIG、運送業者貨物賠償責任保険を大幅改定し新補償追加

AIG、運送業者貨物賠償責任保険を大幅改定し新補償追加

業界初、「自然災害における運賃」など実損分カバー

AIG損害保険は6月30日、運送業者貨物賠償責任保険を大幅に改定し、7月1日に販売を開始すると発表した。

インターネット通販の拡大など物流量が増加する中、運送業への需要が高まるとともに増加するリスクに対応するため、新たな補償を追加し、商品内容を拡充する。

甚大な自然災害が増加している昨今の情勢に合わせ、業界初となる「自然災害における運賃等」「見舞費用」「残存物取片付け・廃棄費用」の実損分(1事故支払限度額はそれぞれ100万円)を補償。

さらに今回の改定では、輸送中や仕分けや積み替えなどの一時保管中に加えて、倉庫などで保管中の補償も可能となる。

また、1事故支払限度額の上限をこれまでの5000万円から1億円まで引き上げるとともに、第三者賠償責任担保特約の保険金額を1000万円から1億円に、運送継続・急送費用および、通常時の事故による損傷した貨物の残存物の取り片づけ費用、および廃棄費用の1事故支払限度額をそれぞれ200万円から500万円に引き上げる。

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事