LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

東急不動産、埼玉・三芳町でアスクル向け物流施設を開発

東急不動産、埼玉・三芳町でアスクル向け物流施設を開発

延べ床面積7万1100平方メートル、2020年完成予定

 東急不動産は12月4日、埼玉県三芳町で、新たな物流施設「LOGI’Q三芳」の建設を始めたと発表した。アスクル向けの専用施設となる。完成は2020年1月の予定。


「LOGI’Q三芳」の完成イメージ(東急不動産提供)

 地上3階建て、延べ床面積7万1100平方メートル。関越道の所沢ICから約4・2キロメートル、三芳スマートICから約2・5キロメートル、外環道の大泉ICから約13キロメートルに位置している。

 アスクルが展開していた物流センターで16年に大規模火災が起き、政府が防火対策を強化したのを踏まえ、万が一火災が起きても感知器用ケーブルのショートを防止するなどの措置を講じる。スプリンクラー設備も充実させるなど、再発防止へ万全を期す構えだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

東急不動産カテゴリの最新記事