メルマガの配信元アドレスが変更となりました

「渋滞の名所」返上?東名道の大和トンネルで拡幅工事が完了

「渋滞の名所」返上?東名道の大和トンネルで拡幅工事が完了

7月14日午前6時に運用開始

中日本高速道路(NEXCO中日本)は7月9日、東名高速道路の横浜町田IC~海老名JCT間の渋滞対策として進めている付加車線設置事業(上り線約4キロメートル、下り線約5キロメートル)に関し、大和トンネル(神奈川県大和市)の拡幅工事が完成したと発表した。

7月14日の午前6時から大和トンネルを含む付加車線の一部運用(上り線約3キロメートル、下り線約2キロメートル)を開始する。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

当該区間は全国の高速道路の中でも渋滞が激しい箇所の1つ。NEXCO中日本は今回の付加車線の設置で交通容量が増え、大和トンネル付近を先頭とした渋滞の緩和が期待できるとみている。

なお、大和トンネルより東京側の区間(上り線約2キロメートル、下り線約3キロメートル)は一部箇所で工事着手に向けた協議を継続中。今後、拡幅工事を進める予定。


運用開始区間


大和トンネル付近での渋滞の様子(いずれもNEXCO中日本プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事