メルマガの配信元アドレスが変更となりました

「シップ・オブ・ザ・イヤー2020」は日本郵船がダブル受賞

「シップ・オブ・ザ・イヤー2020」は日本郵船がダブル受賞

自動車専用船「SAKURA LEADER」が最優秀、「かぐや」は小型貨物船部門賞

日本郵船は7月13日、同社の所有するLNG(液化天然ガス)燃料の自動車専用船「SAKURA LEADER(サクラ リーダー)」が、日本船舶海洋工業会主催によるシップ・オブ・ザ・イヤー2020の最優秀賞に当たる「シップ・オブ・ザ・イヤー2020」を受賞したと発表した。

同船はLNG燃料と燃費良化のための船型改良により従来の重油焚き船に比べ、輸送単位当たり約40%のCO2排出量削減が見込まれる。また、日本海事協会より先進的なデジタル技術を備えた船舶に付与される船級符号”Digital Smart Ship(DSS)”を世界で初めて取得しており、環境とデジタル両面での最新鋭船舶。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

同社が出資するセントラルLNGシッピングが保有し、国内で初めて稼働したLNGバンカリング船「かぐや」が「小型貨物船部門賞」を同時に受賞した。

シップ・オブ・ザ・イヤーは1990年から毎年開催しており、日本でその年に建造された話題の船舶の中から、技術的・芸術的・社会的に優れた船を選ぶ。今年で31回目を迎えた。総合賞「シップ・オブ・ザ・イヤー」の同社グループ船の受賞は8年ぶり3回目となる。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

選考委員会委員長 池田良穂大阪府立大学名誉教授
「SAKUR LEADERについては、環境に優しいLNGを燃料とする自動車船として初めて日本国内で建造されたことを評価。最終審議では全会一致で同賞に選定致しました」
「かぐやは、LNG燃料供給船としてSAKURA LEADERとセットで授賞することに意義があると考えました。LNGバンカリングは今後のインフラとして不可欠であり,それを担う第1歩となる重要な船として期待しております」

日本郵船 小山専務執行役員
「コロナ禍でシップ・オブ・ザ・イヤー2020の選考や運営に関わられた皆様へ、また、国内の海事産業を支え技術革新に取り組んでいる関係者の皆様へ深謝いたします。今後のゼロエミッション船の建造について当社だけで進められるものではなく、海事産業を支える皆様とその技術とともに、実現を目指すことで社会に貢献していきたい」


小山専務執行役員

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事