メルマガの配信元アドレスが変更となりました

JFEスチールが国内初、21万トン級の大型LNG燃料船導入を決定

JFEスチールが国内初、21万トン級の大型LNG燃料船導入を決定

邦船大手3社と契約、24年初めから順次竣工

JFEスチールは7月20日、日本郵船、川崎汽船、商船三井の邦船大手3社と、LNG(液化天然ガス)を燃料とする21万トン級ばら積み運搬船3隻の長期輸送契約に関する契約を締結したと発表した。21万トン級の大型LNG燃料船を導入するのは国内で初めて。

本船は日本シップヤードが開発・設計を担当、ジャパンマリンユナイテッドおよび今治造船が建造する予定。2024年の初めから順次竣工し、JFEスチールの製鉄所向けに海外から鉄鉱石および石炭を輸送する。

世界的に「脱炭素」の動きが強まる中、国際海運の分野でも温室効果ガス排出量削減の機運が高まっているのに対応する。同船は従来燃料の重油の代替としてLNGを使用することで、温室効果ガスのCO2排出量を約25~30%、硫黄酸化物(SOx)の排出量を約100%、窒素酸化物(NOx)の排出量を約85%それぞれ削減することができると見込む。

今後導入する鉄鋼原料輸送船についても、順次LNG燃料船に切り替えていくとともに、長期的にはアンモニアやカーボンリサイクルメタンをはじめとするゼロエミッション舶用燃料について、実用化に向けた検討を複線的に推進していく予定。

JFEグループは5月に「JFEグループ環境経営ビジョン2050」を公表し、2050年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)実現を目指している。

主要寸法 : 全長 約299.99M x 幅 約50.00M x 深さ 約25.00M x 喫水 約18.40M
載貨重量 : 約210,000トン
総トン数 : 約110,800

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事