メルマガの配信元アドレスが変更となりました

船舶の荷役用クレーンに「帆」を張り推進力に

船舶の荷役用クレーンに「帆」を張り推進力に

商船三井など、温室効果ガス対策で共同開発へ

商船三井、商船三井ドライバルク、大島造船所、相浦機械は7月27日、船舶の荷役用クレーンなどを利用した船舶推進力補助帆「IKNOW DELTA SAIL CRANE(アイノウ・デルタ・セイル・クレーン)」を共同で研究開発すると発表した。

既存船舶の荷役用クレーンの三角部などに帆を張り、洋上風を船舶の推進力に活用する構想。航行時に出る温室効果ガスの削減が狙いだ。

商船三井ドライバルクの運航船は、その多くが荷役用クレーンを装備しており、ばら積み船・木材チップ船・多目的船と船種を限らず幅広くデルタセイルの搭載を検討する予定。


クレーンおよびデルタセイルのイメージ

デルタセイルを搭載した船のイメージ

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事