メルマガの配信元アドレスが変更となりました

イオン北海道、石狩で低温物流と商品加工の両機能備えた製造・物流の拠点を本格稼働へ

イオン北海道、石狩で低温物流と商品加工の両機能備えた製造・物流の拠点を本格稼働へ

2・8万平方メートル、札幌近郊の54店舗へ商品供給

イオン北海道は8月2日、北海道石狩市で低温物流と商品加工の両機能を備えた拠点「イオン石狩PC」の運用を本格的に開始すると発表した。

延べ床面積は2万7559平方メートル。低温物流センター(1階部分)は8月18日、畜産やデリカの商品製造を行うプロセスセンター(2階部分)は同24日にそれぞれ稼働を始める。

同センターは札幌市の中心部から約15キロメートル北側に位置し、国際貿易港である石狩湾新港湾区域内に所在している。物流に関しては札幌市近郊のイオン、イオンスーパーセンター、マックスバリュ計54店舗への商品供給を担う予定。

商品製造は牛肉・豚肉のオリジナルブランド化の取り組みなどを進める予定。センター全体で当商品入荷用のコンベア導入や商品仕分けの自動化を進め、構内作業の効率向上を図る。

施設名 イオン石狩PC
所在地 北海道石狩市新港南2丁目9番4
敷地面積 121,636.6平方メートル
延床面積 27,559.8平方メートル
建物構造 鉄骨造2階建て
着工開始 2020年4月
稼働開始 2021年8月18日(水)物流センター稼働
2021年8月24日(火)畜産及びデリカのプロセスセンター稼働
設計施工 西松建設株式会社
事業内容 畜産品、デリカ・惣菜の加工、低温物流


(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事