メルマガの配信元アドレスが変更となりました

東急不動産とパナソニック、ヤマトが大阪で冷凍・冷蔵宅配ボックスの実証実験

東急不動産とパナソニック、ヤマトが大阪で冷凍・冷蔵宅配ボックスの実証実験

日本初の分譲マンションへの設置目指す

東急不動産は8月5日、パナソニックやヤマト運輸と連携し、大阪市内のオフィスビル「心斎橋東急ビル」で冷凍・冷蔵宅配ボックスの実証実験を始めると発表した。

国内の分譲マンションには冷蔵の宅配ボックスの設置例があるが、冷凍の宅配ボックスは設置例がないという。新型コロナウイルスの感染拡大でで在宅勤務が浸透し、非対面の物品受け渡しの機会が広がるなど新しい生活スタイルが進む中、実証実験を通じ、国内初となる分譲マンションへの冷凍・冷蔵宅配ボックスの設置につなげ、新しいライフスタイルの提案を図る。

実験は8月6日から10月29日まで実施する予定で、東急不動産の社員約140人が参加。社員が指定の商品を注文すると、ヤマトが同ビルに設けたパナソニックの冷凍・冷蔵ロッカーに届ける。受け取り手の指定がなくても留守で不在の場合は冷凍・冷蔵宅配ボックスに配達できるような環境の実現を目指し、実験を通じて実際の商品注文動向などを分析する予定。


(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事