メルマガの配信元アドレスが変更となりました

大和ハウス工業、21年度着工のマルチテナント型物流施設は30棟・179万平方メートル超を計画★速報

大和ハウス工業、21年度着工のマルチテナント型物流施設は30棟・179万平方メートル超を計画★速報

過去最多、今後も同じペース継続目指す

大和ハウス工業は8月20日、物流施設事業の開発方針に関する記者説明会をオンラインで開催した。

2021年度は「DPL」ブランドのマルチテナント型物流施設をトータルで30棟着工することを明らかにした。総延べ床面積は179万9000平方メートルを見込む。年度ベースでは過去最多の棟数となる。

3月に公表した時点からは2棟減ったが、19年度の着工実績が14棟(総延べ床面積117万4579平方メートル)、20年度が24棟(163万8000平方メートル)で、21年度はさらに開発ペースを加速していくことがあらためて示された。

同社建築事業本部の手塚公英Dプロジェクト推進室推進グループ長は「次年度以降もこれくらいのペースで、年間30棟程度を続けていこうと思っている」と語った。また、先進的物流施設の需要が見込める岩手県や九州に注目していることを明らかにした。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事