メルマガの配信元アドレスが変更となりました

川崎汽船、ペルーで完成車の輸送事業を本格的に開始

川崎汽船、ペルーで完成車の輸送事業を本格的に開始

需要増見込み、中南米で取り扱い拡大図る

川崎汽船は8月24日、ペルーのリマ周辺地域で完成車を対象とした物流サービスを6月から本格的に開始したと発表した。

ペルーでは新型コロナウイルスの感染拡大で一時的な需要の減少はあったが、中長期的には自動車の販売・輸入が拡大すると見込んでいる。完成車輸送に付帯したサービスの需要に対応するため、輸入事業者やディーラーに対し、完成車関連の総合物流サービスを提供することにした。

同社は2017年、チリで現地物流企業AGUNSAと合弁会社「KAR Logistics S.A.」を設立、同国での完成車物流事業を開始し、ノウハウを蓄積しながら事業規模を拡大してきた。このたび AGUNSAのペルー子会社AGUNSA Perúと新たに折半出資で合弁会社「KAR Logistics Perú S.A.C.」を設立、チリ事業のノウハウを横展開し、中南米地域で完成車物流事業の拡大を図る。

同社は経営計画において物流事業を安定収益事業の1つと位置付けており、完成車物流事業も充実・拡大を図っている。これまでインドネシア、タイ、ベトナム、フィリピン、シンガポール、オーストラリア、ブラジル、メキシコ、チリなどでターミナル、陸送、保管、PDI(納車前点検)などの完成車物流サービスを提供している。今後も自動車船による海上輸送で培った高品質輸送のノウハウを活用して顧客の満足度向上に努める。


(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事