神奈川・横須賀~北九州に大型フェリーを2021年春就航へ

神奈川・横須賀~北九州に大型フェリーを2021年春就航へ

SHKラインなど、モーダルシフト需要に対応

 神奈川県横須賀市と長距離フェリーのSHKライングループは12月18日、同市の横須賀港と北九州港(北九州市)の約980キロメートルを結ぶ大型フェリー航路を2021年春に開設する計画を発表した。トラックドライバー不足に伴うモーダルシフト需要に応えるとともに、関東と九州の観光活性化も目指す。


就航するフェリーのイメージ(横須賀市、SHKライングループ提供)

 新航路は1万6000トン級のフェリー2隻を投入し週6便運航、両港を20時間30分で結ぶ構想。フェリーはトラック約170台を搭載できる見込み。今後、阪九フェリーなど同社グループ各社が新会社を設立、横須賀市と連携して商業運航の許認可取得などを進める。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事