メルマガの配信元アドレスが変更となりました

川崎汽船、脱炭素移行へ「トランジション・リンク・ローン」で資金調達

川崎汽船、脱炭素移行へ「トランジション・リンク・ローン」で資金調達

みずほ銀行など軸、9月末に調達予定

川崎汽船は9月6日、事業体制を脱炭素へ移行(トランジション)するのに必要な資金を確実に確保できる仕組み「トランジション・リンク・ファイナンス・フレームワーク」を策定したと発表した。

同フレームワークを駆使し、みずほ銀行などを軸とするトランジション・リンク・ローン(TLL)を9月末に調達する予定。

同社はTLLを今後継続的に実施するため、同フレームワークについて、日本格付研究所(JCR)より、金融庁・経済産業省・環境省クライメート・トランジション・ファイナンスに関する基本指針 (CTF基本指針)などの各原則やガイドラインに適合しているとして適格認証を取得。

その上で、本フレームワークを基準としたTLLについてもJCRより適格認証を取得している。また、同TLLは経済産業省の「令和3年度クライメート・トランジション・ファイナンスモデル事業」への申請を行い、モデル事例として選定された。

同TLLによる調達は同社として3月に組成した本邦初のトランジション・ローンに続く、第2弾のトランジション・ファイナンス。同社の低炭素化の取り組みに資するため、前回は資金使途特定型、今回は資金使途不特定型としてトランジョン ・ファイナンスを推進しており、両方の手段を短期間に実施するのは国内で同社が初めてとみられる。

※以下、プレスリリースより引用(一部、編集部で修正)

スキーム名称 トランジション・リンク・ローン
借入人 川崎汽船株式会社
借入額 未定
調達期間 未定
調達時期 2021年9月末 (予定)
アレンジャー 株式会社みずほ銀行
トランジション・ストラクチャリング・エージェント みずほ証券株式会社、株式会社みずほ銀行
貸付人 株式会社みずほ銀行をアレンジャーとする金融機関シンジケー
ト団
評価機関 株式会社日本格付研究所
本借入金の返済期限到来までに目指すSPTs ①GHG総排出量、②トンマイル当たりのCO2排出量、③CDP評

(ロジビズ・オンライン編集部)

経営/業界動向カテゴリの最新記事