国分グループ本社、シンガポールで低温食品物流

国分グループ本社、シンガポールで低温食品物流

現地有力企業グループと合弁設立へ

 国分グループ本社は12月12日、シンガポールで食品関連事業を展開しているコモンウェルスキャピタル(CCPL)と、低温食品物流を手掛ける合弁会社の設立で合意したと発表した。

 成長が続くASEANの中でも食品物流の高度化が見込まれる同国で、現地の有力企業と組み、コールドチェーンのニーズ拡大を図る。

 合弁会社はCCPLが70%、国分グループ本社が30%を出資。12月14日付で同社が株式を引き受ける。CCPL傘下のコモンウェルスフードサービシーズ(CFS)から低温食品物流事業を合弁会社に12月1日付で移管した。今後は同国内の外食・小売り事業者らから物流業務の受託を目指す。

 CFSの2017年12月期の売上高は2928万7000シンガポールドル(約24億3000万円)だった。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事