メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ZMP、物流ロボット運用でパトライトと協業

ZMP、物流ロボット運用でパトライトと協業

自動充電中に表示灯で周囲に注意呼び掛けなど想定、現場の安全確保

ZMPは9月14日、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」に関し、新たにパトライトと協業を開始すると発表した。

ZMPが物流分野向けソリューションを共同で提供するパートナー企業と独自に組織している物流DX(デジタルトランスフォーメーション)推進ネットワーク「CarriRo Connecting Partners(キャリロ・コネクティング・パートナーズ)」に、パトライトが7月参加した。

CarriRoが自動充電していたり、遠隔監視したりする際、パトライトの表示灯で周囲に注意を呼び掛けたり、CarriRoの稼働状況を逐次確認するよう促したりすることを想定している。両社が連携して現場の安全な運用を確保、工場や物流施設内でのCarriRo利用をさらに広めたい考え。


協業のイメージ(ZMP提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事