メルマガの配信元アドレスが変更となりました

米アマゾン、全米で12万5000人を新規雇用へ

米アマゾン、全米で12万5000人を新規雇用へ

物流施設など、最低時給引き上げ労働力確保狙う

米アマゾン・ドット・コムは9月14日、米国全土で12万5000人を新たに雇用する計画を発表した。

物流施設や輸配送などの分野で、従業員の最低賃金を平均18ドル(約2000円)以上に引き上げるほか、場所によっては雇用契約の際、最大3000ドル(約33万円)の賞与を付ける。

新型コロナウイルスの感染拡大でインターネット通販市場が成長し、業務量が増大しているのに対応。特にネット通販の利用が急拡大する年末の休暇シーズンを前に待遇改善をアピールし、労働力を確保したい考えだ。

アマゾンは9月9日にも、米国の物流施設で働いているパートタイマーの従業員75万人を対象に、大学の授業料を全額支払う方針を表明している。

(藤原秀行)※写真はイメージ、アマゾン提供

雇用/人材カテゴリの最新記事