メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ヤマト宅配が大型荷物対応を拡充、「180」「200」サイズの取り扱い開始

ヤマト宅配が大型荷物対応を拡充、「180」「200」サイズの取り扱い開始

ECの利用拡大踏まえ、スマホ発送などにも対応

ヤマト運輸は10月4日、宅配サービス「宅急便」で新たな荷物のサイズ区分「180サイズ(3辺の合計が180センチメートル以内)」と「200サイズ(同200センチメートル以内)」の取り扱いを開始した。

ECの利用拡大に伴い、地方の米や特産品、家具・家電など大型商品の配送が増えており、事業者側が宅配時に送る荷物サイズも多様化しているのに対応。従来は宅急便の上限サイズを「160サイズ(3辺合計が160センチメートル以内)」に設定、それ以上の大きな荷物はヤマト便(3辺合計200センチメートルまで、重量30キログラムまで)で取り扱ってきたが、設定を見直し、消費者がより大きな荷物を送りやすくする。

サイズ拡大と併せて、従来ヤマト便で対応していなかった大型荷物についても、クロネコメンバーズの割引制度や送り状発行サービス、配達時の時間帯指定や宅急便センターでの受け取りサービスを提供。スマートフォンで宅配荷物の発送手続きを完了できるサービス「宅急便をスマホで送る」の対象にも追加し、利便性の向上を図っている。


新サイズでの配達のイメージ(米30キログラム袋を集荷、いずれもヤマト運輸提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事