メルマガの配信元アドレスが変更となりました

クボタ、米カリフォルニアで65億円投じ農機・建機向け物流施設を開発へ

クボタ、米カリフォルニアで65億円投じ農機・建機向け物流施設を開発へ

建屋5・9万平方メートル、22年6月稼働開始予定

クボタは10月6日、米国の販売子会社クボタトラクターコーポレーション(KTC)が、米カリフォルニア州エルクグローブに農機や建設機械用の物流施設を新設、現在のKTC西部支店を移転すると発表した。

総投資額は約65億円で、敷地は18・1万平方メートル、建屋は5・9万平方メートルを計画。2022年6月の稼働開始を予定している。

新型コロナウイルスの感染拡大による外出抑制の影響で小型農機が好調なのに対応、在庫・出荷能力を増強する。畑作用大型農機への参入や建機の取り扱い拡充に合わせて物流機能の強化を図る狙いもある。

ディーラーの研修施設も備え、営業の体制拡充も目指す。


新物流施設の完成イメージ(クボタウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事