ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

ヤマト、関西で訪日外国人向けに手ぶら観光サービス開始

ヤマト、関西で訪日外国人向けに手ぶら観光サービス開始

全但バスと連携、高速バスで「貨客混載」し荷物を配送

 ヤマト運輸は12月18日、兵庫県豊岡市の全但バスと連携し、訪日外国人旅行者が手ぶらで観光を楽しめるよう、高速バスを使って荷物の配送をサポートするサービスを同19日に始めると発表した。

 旅行者は事前に全但バスの観光客用ウェブサイト「SOZORO」で申し込んでおくと、兵庫県の城崎温泉で旅館をチェックアウトする際にカウンターで荷物を預けておけば、ヤマトが高速バスに「客貨混載」し、大阪市内の次の宿泊先へ配送。チェックイン時に受け取るとの流れだ。


チェックアウト時に荷物をカウンターに預ける(ヤマト運輸、全但バス提供)

 旅行者は観光をしている間、重い荷物を気にせず、観光スポットを気軽に回ることが可能となる。インターネット経由でサービスを申し込めるため、宅配便の伝票記入も不要なのがメリット。バスの運賃と別に、送料が2030円必要。サービスはインバウンド向けの宿泊予約サイト「Visit Kinosaki(ヴィジット・キノサキ)」でも受け付けている。

 両社は2017年から同市の神鍋地区で、路線バスで宅配の荷物を運ぶ客貨混載を展開している。観光面でも協力し、宅配業務の効率化とバスの稼働率向上、地域社会への貢献を目指す。


「客貨混載」の出発式(ヤマト運輸、全但バス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

ヤマトホールディングスカテゴリの最新記事