JR貨物が来年4月1日付で北陸・敦賀港線を廃止

JR貨物が来年4月1日付で北陸・敦賀港線を廃止

トラック輸送は継続も鉄道再開を満たす需要見込めず

 JR貨物は12月18日、第1種鉄道事業線区である北陸線・敦賀~敦賀港間(敦賀港線)を2019年4月1日付で廃止すると発表した。今後も列車の運行再開を満たす需要が見込めないことから、関係自治体との協議を経て国土交通省に廃止の届け出を行った。敦賀港新営業所でのトラック輸送によるコンテナ貨物の取り扱いは継続する。

 敦賀港線は1882 年3月に開業。総延長は2.7キロメートルで化学工業品、食料工業品の鉄道輸送を手掛けてきた。しかし近年は輸送量が大幅に減少し、09年度より敦賀港駅のコンテナ取り扱い形態をトラックで行う敦賀港オフレールステーション(現・敦賀港新営業所)に改編。輸送需要の拡大に取り組んできたものの運行を再開できる状況には至らず、16年4月1日に同区間の事業を休止した。

 その後、事業の廃止を含めた検討や廃止後の再活用について関係自治体と協議を続けてきたが、このたび廃止の確認が取れたため137年の歴史に幕を閉じることとなった。直近の輸送量は貨物列車が06年度に1万9000トン、敦賀港新営業所の17年度実績は8000トンにとどまっている。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

JR貨物カテゴリの最新記事