画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ロボットメーカーのテムザック、ドコモとURが団地で実施する自動配送の実証実験に参加

ロボットメーカーのテムザック、ドコモとURが団地で実施する自動配送の実証実験に参加

人と物を両方輸送、高齢化など課題解決を目指す

サービスロボットの開発・製造・販売を専業としているテムザックは10月22日、NTTドコモと独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)が10月27~28日に横浜市の金沢シーサイドタウン並木一丁目第二団地で実施する実証実験に、UR都市機構などが出資している日本総合住生活とともに参加すると発表した。

実験では、テムザックのスマートモビリティ「RODEM」(ロデム)を活用し、自動運転・遠隔操作で人と物の両方を運べる自動配送を実施する。

RODEMは健康な人と移動に不安を覚える人が同様に移動できることを目指したユニバーサルモビリティ。観光地や街中の回遊への利用でも需要を見込んでいる。経路案内や多言語翻訳などネットワーク機能を搭載して2018年に京都・嵐山、19年には東京・丸の内と奈良の平城宮跡歴史公園で観光名所を巡る実証実験を実施した。

UR賃貸住宅の団地では、暮らしや働き方の多様化に対応していく上で、ラストワンマイルの配送サービスが今後必要となると推定。今回の実証実験は住民の高齢化などの課題を解決するため、RODEMとドコモが提供する「docomo IoT高精度GNSS位置情報サービス」や次世代高速通信(5G)などの通信サービスを組み合わせ、自動配送サービス実現を目指す。

住民の協力の下、自動配送ロボットが日用品などの商品を団地入口から住棟まで配達。自動配送ロボットサービスの求められる機能や安全などについて確認する予定。



(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事