IoTでパレットなどの位置情報を管理

IoTでパレットなどの位置情報を管理

東芝デジタルソリューションズが物流業界向け新サービス

東芝デジタルソリューションズは4月25日、IoT(モノのインターネット)を活用した物流向けソリューション「LADOCsuite(ラドックスート)」の第一弾として、パレットやかご台車など輸送器材の追跡・位置管理サービス「LADOCsuite/LogiTrace(ラドックスート・ロジトレース)」の提供を始めたと発表した。

荷物や輸送器材に貼り付けたRFIDタグなどを活用し、現在地を把握。紛失を防いで余計な支出を減らすとともに、特定の物流拠点に器材が偏るのを回避し、効率的な運用を実現する。各器材と配送先のデータ連携もスムーズに行えるのが特徴。

他にも荷物やトラック、庫内スタッフなどに関するデータの一元管理に対応可能。同社は「今後は管理するターゲットの拡張、輸送中のトレース情報の収集機能追加を予定している」と話している。



サービスの概要(東芝デジタルソリューションズ資料より引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事