新型コロナウイルス感染症への対応について

ミライズ、個人ドライバーの業務委託料前払いサービスを開始

ミライズ、個人ドライバーの業務委託料前払いサービスを開始

アプリで申請、迅速に入金

軽貨物運送を展開しているミライズ(横浜市)子会社のMIRAIS Tech(ミライズテック、同)はこのほど、個人事業主の軽貨物ドライバーを対象に、業務委託料の前払いサービスを開始した。

ミライズテックが開発したスマートフォン向け専用アプリ「PAYS(ペイズ)」にドライバーが個人情報を登録しておき、必要な時に事前設定した額の範囲内で前払いを申請すると、速やかに指定した口座に入金される。

個人事業主のドライバーに業務を委託している運送事業者は、ペイズで前払いした分を除いた業務委託料を各ドライバーに支払うとともに、ペイズが立て替えた分についても毎月、まとめて精算する。手数料として運送事業者が申請額の6%を負担する。

運送業界では支払いサイトが長期化する傾向が依然残っているため、ドライバーの資金繰りをサポートし、働きやすい環境整備に貢献するのが狙い。運送事業者にとってもペイズを活用することでドライバーを集める際のインセンティブになると期待できる。


前払いサービスの仕組み(ミライズテックウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事