メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本GLP、兵庫・尼崎で2・9万平方メートルのBTS型・セミマルチ型物流施設を開発へ

日本GLP、兵庫・尼崎で2・9万平方メートルのBTS型・セミマルチ型物流施設を開発へ

23年10月竣工見込む、地域4棟目

日本GLPは10月27日、兵庫県尼崎市で新たな物流施設「GLP尼崎Ⅳ」を開発すると発表した。

地上4階建ての耐震S造で、延べ床面積は約2万8800平方メートルを計画しており、2022年8月の着工、23年10月の竣工を見込む。

「GLP尼崎Ⅳ」は阪神高速3号神戸線の尼崎西ICから約700メートル、阪神高速道路5号線の尼崎末広ICから約1・7キロメートル。大阪市内や神戸市内に向けた広域配送の物流拠点として強みを持つ立地となっている。

大阪~神戸を結ぶ幹線道路の国道2号線から約1・8キロメートルで、一般道を利用したエリア配送もカバーすることが可能。

阪神電鉄本線の尼崎センタープール前駅から約1・0キロメートルに位置し、路線バスの停留所も近接。住宅エリアからも至近のため、雇用確保の面でも優位性があるとみている。

周辺には日用雑貨メーカーや食品流通系企業、工業メーカー系、3PLなどの物流企業が集積している。今後先進的物流施設へのニーズが一段と高まると予想している。

「GLP尼崎Ⅳ」はBTS型・セミマルチテナント型施設として計画。入居企業のニーズに合わせた幅広い施設設計とカスタマイズができるようにする。

基本的な倉庫仕様に加え、入出荷をスムーズに行える両面バース、床の耐荷重強化や天井高の変更、工場用途や冷凍冷蔵向けの追加対応など豊富なオプションを用意。庫内には大型シーリングファンを設置するなど、働く環境の快適性向上を図る。

徒歩10分の距離に稼働中の「GLP尼崎」「GLP尼崎Ⅱ」「GLP尼崎Ⅲ」と連携すれば施設管理コストの削減やテナント同士のシナジー効果が期待できると説明している。


「GLP尼崎Ⅳ」の完成イメージ


関西エリアでの今後の開発計画(いずれも日本GLPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事