メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日野自動車、トヨタなど5社の「つながる車」通信技術仕様共同開発に参加

日野自動車、トヨタなど5社の「つながる車」通信技術仕様共同開発に参加

異なるメーカー間で情報共有可能な環境整備、物流効率化を後押し

日野自動車は10月29日、トヨタ自動車とマツダ、SUBARU、スズキ、ダイハツ工業の5社が進めている次世代の車載通信機に関する技術仕様の共同開発と通信システムの共通化に参加すると発表した。

トヨタの車載通信機技術をベースに、各社が保有する技術を盛り込みながら開発を推進。車載通信機を使い、さまざまなデータを収集・分析して物流業務の効率化につなげる「コネクティッド(つながる車)サービス」の早期普及を目指す。

日野は5社とタッグを組み、異なるメーカー間でトラックの走行記録などのデータを共通化し、個々のメーカーにとどまらず商用車全体で効率的な運用ができる環境を整備していきたい考えだ。


開発の概要(日野自動車ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事