メルマガの配信元アドレスが変更となりました

総合機械商社の第一実業、工場や倉庫の自動化支援ソリューション「LOGITO」提供を開始

総合機械商社の第一実業、工場や倉庫の自動化支援ソリューション「LOGITO」提供を開始

国内外のメーカーから最適な機器組み合わせ、ワンストップで対応

総合機械商社の第一実業は11月5日、製造業や倉庫業など向けに、自動倉庫やAMR(自律走行搬送ロボット)、ロボットアームなどを生かして物流の自動化を後押しするソリューションサービス「LOGITO(ロジト)」の提供を始めたと発表した。

LOGITOは「To Logistics(ロジスティクス+~化する)=ロジスティクスを確立する」という意味を込めた造語。構内のロジスティクスを最適化させ、工場や倉庫などの生産性向上に貢献するのが狙い。

顧客の工場や倉庫などでエンジニアが実際の稼働現場の分析から支援し、最適な工程設計からレイアウト構想、国内外のメーカーから最適な機器の選定、施工、アフターサポートまでワンストップでサービスを提供する。

同社は自由設計によりコストパフォーマンスの良い提案ができると強調。一例として、パレットから荷物を降ろすデパレタイズの作業には国内メーカーのロボットアーム、荷物の搬送作業は海外メーカーのAMRを提供するなど、豊富なラインアップから顧客の現場に合ったベストな組み合わせを実現する。


(第一実業提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事