メルマガの配信元アドレスが変更となりました

三菱造船と日本郵船、液化CO2輸送可能な大型船を共同開発へ

三菱造船と日本郵船、液化CO2輸送可能な大型船を共同開発へ

転換利用・貯留をサポート、将来の需要増に対応

三菱重工業グループの三菱造船は11月9日、日本郵船と共同で液化したCO2を輸送する大型船を開発すると発表した。

液化ガス輸送船(LPG・液化石油ガス、LNG・液化天然ガス)建造で蓄積した三菱造船の高度なガスハンドリング技術と、多種多様な船舶の運航に関する日本郵船の豊富な知見を組み合わせる。液化CO2輸送船(LCO2船)の開発を足掛かりにして、CO2を回収し転換利用や貯留を行うCCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)の実現を目指す。


液化CO2輸送船(LCO2船)のイメージ図

CCUSは温室効果ガスの排出を実質ゼロにするカーボンニュートラル社会を実現するための有効な手段として国内外で注目を集めている。LCO2船は、液化されたCO2を貯留および利用する拠点まで輸送する重要な役割を担うため、将来の需要拡大が期待されている。両社が組み、早期に実用化して需要を獲得していきたい考えだ。


CCUSバリューチェーンのイメージ図

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事