佐川急便と宮城県、包括連携協定を締結

佐川急便と宮城県、包括連携協定を締結

地域社会活性化や県民サービス向上

佐川急便は4月22日、宮城県と地域社会活性化や県民サービス向上のための包括連携協定を締結したと発表した。今月19日同県庁で締結式を行った。

双方のリソースを組み合わせ、宮城県産品の流通・販売をサポート。観光に関する情報の発信や地域防災、女性の活躍促進など多様な面で協力していく。震災復興にも貢献していきたい考えだ。


締結式を行った(左から3人目より順に)佐川急便の湯川真樹南東北支店長、宮城県の佐野好昭副知事、佐川急便の柴田和章取締役、高橋学仙台営業所長(同社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

地方自治体カテゴリの最新記事