メルマガの配信元アドレスが変更となりました

トヨタ、マツダ、SUBARU、川崎重工、ヤマハ発の5社がエンジンの脱炭素化へ連携

トヨタ、マツダ、SUBARU、川崎重工、ヤマハ発の5社がエンジンの脱炭素化へ連携

バイオ燃料使ったレース参戦など計画、内燃機関活用した燃料の選択肢拡大目指す

トヨタ自動車とマツダ、SUBARU、川崎重工業、ヤマハ発動機は11月13日、トヨタが推進しているエンジンの脱炭素化の取り組みに残る4社が参加すると発表した。

次世代バイオディーゼル燃料やバイオマス由来燃料を使ったレースにトヨタやマツダ、SUBARUが参加。川崎重工とヤマハは二輪車への水素エンジン活用を検討する。さらに、トヨタやヤマハなどが水素エンジンでレースに参戦する。

世界的にEV(電気自動車)の活用に向けた動きが広がる中、5社が連携し、内燃機関を有効活用しながらバイオ燃料などを使ってCO2の排出を減らすことを目指す。EV以外の選択肢も確立し、日本のメーカーとして存在感を高めたい考えだ。


連携の概要(トヨタプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

詳細はコチラから(トヨタホームページ)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事