メルマガの配信元アドレスが変更となりました

三菱ふそう、EV体感施設を川崎製作所敷地内にオープン

三菱ふそう、EV体感施設を川崎製作所敷地内にオープン

各種ソリューションも提供、オプションで工場見学など準備

三菱ふそうトラック・バスは11月18日、EV(電気自動車)トラックや様々なソリューションを体感できる施設「カスタマーエクスペリエンスセンター」を、川崎製作所(川崎市)の敷地内にオープンしたと発表した。

同センターは2021年7月に新設した電動化を推進する組織・エレクトリカル・トランスフォーメーション本部の主導で設置した。三菱ふそうの電気小型トラック「eCanter(eキャンター)」の導入を検討している企業を主な対象とし、下記の点について、経験=エクスペリエンスを提供することを主眼に置いている。

・技術体験:車両スペックやEV・FCVの説明、ダイムラートラックグループの取り組みの紹介など
・商品体験:「eCanter」の実車を用いた説明・試乗など
・エコシステム・デジタル体験:バッテリーマネジメント、コネクテッドソリューションの説明など
・充電インフラ体験:充電器の説明・充電体験など
・(オプション)クオリティラボ体験:ふそうの車両品質、クオリティラボの説明など
・(オプション)工場体験:「eCanter」を含めたふそうの生産ラインの見学

eCanter自体に加え、発売から4年間で蓄積した知見と専門性によるユニークな体験を提供し、EV導入に当たっての懸念を取り除き、理解を深めてもらうのが狙いだ。

三菱ふそうのアレクサンダー・ルージングCTO(最高トランスフォーメーション責任者)は「輸送業界は、脱炭素化に向けた大規模な変革の時代を迎えており、歴史上でも最大級のエネルギー転換の真っ只中にあります。その中で、カスタマーエクスペリエンスセンターは当社にとって、『eCanter』の導入を検討されているお客様との大切な接点となります。当社はeモビリティ分野のパイオニアとして、ゼロ・エミッション輸送に移行するお客様に、説得力のある製品とサービスを提案できると確信しています」とコメントしている。


(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事