GLP、日本で総額最大6250億円の物流施設ファンドを新規組成

GLP、日本で総額最大6250億円の物流施設ファンドを新規組成

神奈川・相模原の巨大プロジェクトにも投資へ

 GLPは12月22日、日本の物流施設を投資対象とするファンド「GLPジャパン・ディベロップメント・パートナーズⅢ」を新たに組成すると発表した。投資総額は最大約56億ドル(6250億円)に上る見込み。

 日本GLPが2018年に新規開発した物流施設は全て着工前に満床が確定、賃貸借契約面積は130万平方メートルに達するなど、需要が依然旺盛なことから、積極的な開発を継続させる。

 ファンドはカナダの公的年金積立金の運用を担当するカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード(CPPIB)などの主要機関投資家が出資を決定。日本で過去最大級の物流施設開発となる神奈川・相模原市の「GLP相模原」(総延べ床面積65万平方メートル超、事業費約1400億円)にも投資することを決めている。

 新ファンドの組成で日本GLPの運用資産(Jリート含む)は約2兆円になる。


「GLP相模原」の完成イメージ(日本GLP提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

GLPカテゴリの最新記事