新型コロナウイルス感染症への対応について

国交省「日ASEANコールドチェーン物流ガイドライン」が正式承認

国交省「日ASEANコールドチェーン物流ガイドライン」が正式承認

 国土交通省は12月25日、去る11月にタイの首都バンコクで開催された第16回日 ASEAN交通大臣会合において「日ASEANコールドチェーン物流ガイドライン」が正式承認されたと発表した。

 高品質な日本型コールドチェーン物流システムをASEAN各国のガイドラインもしくは国家規格へのカスタマイズを支援。日系物流事業者によるビジネスの普及・促進が期待される。

 ガイドラインではASEAN各国におけるコールドチェーン物流のレベルと特徴を考慮。倉庫事業者、輸送事業者が冷凍・冷蔵保管と保冷輸送を行う際の留意事項、各国の物流担当省庁が制度立案やインフラ整備などを行う場合に考慮すべき事項を盛り込んだ。また冷凍・冷蔵・定温に区分された温度管理が必要な食品類、倉庫事業者と輸送事業者による企業間物流(B to B輸送)を対象とする。

 ASEANでは近年の経済成長に伴い冷凍・冷蔵食品などコールドチェーン物流の需要が高まっているものの、多くの国で安価ながら粗悪な物流サービスが提供され日系物流事業者には阻害・制限要因となっていた。

(鳥羽俊一)


日ASEANコールドチェーン物流ガイドライン 概要(国土交通省ウェブサイトより)

政策カテゴリの最新記事