画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

商船三井CVC、再エネ由来電力取引市場運営のデジタルグリッドへ出資

商船三井CVC、再エネ由来電力取引市場運営のデジタルグリッドへ出資

脱炭素化社会の実現に寄与見込む

商船三井グループでスタートアップ投資を手掛けるコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)のMOL PLUSは12月13日、再生可能エネルギー由来の電力取引を仲介するプラットフォームの運営を手掛けるデジタルグリッドに出資すると発表した。具体的な出資額は開示していない。

デジタルグリッドは、「エネルギー制約から解放された世界を創る」をビジョンとし、日本初の民間による自由な電力取引市場「デジタルグリッドプラットフォーム(DGP)」を2020年2月から商用運営している。

政府は再生可能エネルギーの主力電源化を掲げ、企業もSDGsやRE100プロジェクトといった取り組みを推進しており、再エネ電源の活用ニーズが高まっている。一方、再エネ電源は需給調整が困難なことなど、電力システムの中で活用するには多くの課題が残されている。

DGPは再エネに加え多種多様な電源と電力需要をピア・ツー・ピア(P2P)で結び付ける「電気の取引所」となっている。


(MOL PLUS提供)

MOL PLUSは、DGPが再生可能エネルギーの普及加速、脱炭素化社会の実現に寄与することに期待し、資金調達に参画する。

(ロジビズ・オンライン編集部)

経営/業界動向カテゴリの最新記事