画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

TAKUMI、可搬重量1tのリモコン操作型AGV販売開始

TAKUMI、可搬重量1tのリモコン操作型AGV販売開始

SLAMタイプへのカスタマイズも可能

純国産自律搬送ロボットメーカーのTAKUMI(福岡市)は12月15日、重量物をリモコンで搬送する可搬重量1トンタイプの搬送ロボット「低床型1tAGV」の販売と導入支援・保守サポートを開始すると発表した。


低床型1tAGV(TAKUMI提供)

新型AGVは前後左右、斜め、スピンターンと全方向への走行が可能。現場のレイアウトに応じて効率的に運用したり、リモコン操作で作業環境を踏まえて柔軟に対応したりすることができる。

仕様に関しては、要望に応じてリモコン操作の他に、レーダーやセンサーを用いて障害物を避けるSLAMタイプへのカスタマイズも選べる。

今後はニーズの多い建設現場にとどまらず、あらゆるシーンでより多くの資材を運搬できるよう各方面への導入を促進。併せて、資材運搬だけではなく、用途に応じて活躍できる搬送ロボット制御技術の向上を図る。

※以下、プレスリリースより引用
「低床型1tAGV」の概要
<外観サイズ>1,050(L)×900(W)×160(H)※リフトアップ時210(H)
<重量>290kg

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事