画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

プラス社内カンパニーのジョインテックス、宮城・岩沼で物流センター再建へ

プラス社内カンパニーのジョインテックス、宮城・岩沼で物流センター再建へ

火災で焼失から再開発の物流施設に入居、22年8月稼働開始

プラスの社内カンパニーで文具・オフィス家具や保育用品などの通販を手掛けるジョインテックスカンパニーは12月15日、新たな物流拠点「ジョインテックス東北センター」を宮城県岩沼市で再開発中の「プロロジスパーク岩沼1」(2022年4月竣工予定、延べ床面積5・1万平方メートル)内に再建、22年8月に稼働を開始すると発表した。

ジョインテックス東北センターは13年8月に開設。北海道と東北6県の顧客へ文具やオフィス生活用品、オフィス家具の配送業務を担ってきた。

しかし、20年4月に入居していたプロロジス開発の物流施設が火災で全焼。出荷元を東日本センター(埼玉)に切り替え、対象エリアへの配送を継続する一方、サービスレベルの回復を急務と捉え、センター再建を検討してきた。

新センター稼働で配送時間は従来通りに復旧し、東北エリアの顧客向けの翌日配送分の締め時間を最大5時間延長。北海道の一部地域(札幌・函館を含む道南エリア)は翌日配送が可能になる。新センターは1万2153平方メートルで、約3万7800アイテムを取り扱う。年間出荷金額は約59億円を想定している。投資額は約3・2億円、人員は100人の予定。


再開発後の施設の完成イメージ(プロロジスプレスリリースより引用)

新たに稼働を開始する「プロロジスパーク岩沼1」は、有事の際の救助活動や消火活動への対策を拡充するほか、津波や水害による浸水対策として建物レベルを1・5メートル高く設定。緊急地震速報システムや、衛星電話、72時間程度の電源を確保する非常用発電機を実装すると同時に、断水対策も施す計画。

新施設には以前は設置されていなかったスロープが設けられ、2階への大型車両の直接アクセスにより、ワンフロアオペレーションが可能となり、トラックバースや荷捌きスペースも十分に確保される見通し。

ジョインテックスは「センター再建を機に、高い安全性を確保するとともに、物流作業・搬出入の高効率オペレーションの実現を図り、北海道・東北地方のお客様へのさらなるサービス向上と営業活動強化を図る」とコメントしている。

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事