画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

トラックをシェアリングで国内物流コスト圧縮、1ケースの小ロットから輸出可能に

トラックをシェアリングで国内物流コスト圧縮、1ケースの小ロットから輸出可能に

ソノリクが九州でスタート、常温と低温の2種類から選択

農産物の保管・輸送を手掛けるソノリクは12月15日、九州内の生産者・食品製造者に向け、小ロットの商品を対象にした低コスト物流シェアリングサービス「つながる便」を開始すると発表した。

つながる便は食品の生産者・製造者の輸出をサポートする九州の食輸出協議会と連携。九州各地に集荷拠点を設置し、輸出のハブとなる博多港・福岡空港へ小ロット商品を低価格の定額運賃で輸送できるようにした。

近年、輸出を推進したい生産者や食品製造者が増えている一方、国内における物流コストの高さが障壁となっており、特に出荷量が少ない生産者ほど物流コストがかさみ、大きな負担となるのが課題だった。

複数の利用者でトラックをシェアし、低価格で1ケースからの輸送を実現。福岡ソノリクの物流網や大型冷蔵施設を活用し、九州各県に最大2箇所の集荷場所を展開。利用者は配送温度帯を「常温品」と「低温品」の2種類から選択できる。

今後さまざまな団体や企業と「つながる便」の連携を予定している。

(画像はソノリク提供)
(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事