画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

CBcloudが国内外の機関投資家らから約60億円の資金調達完了、緊急・即日配送サービス拡充も発表

CBcloudが国内外の機関投資家らから約60億円の資金調達完了、緊急・即日配送サービス拡充も発表

資金はサービス内容強化や人材採用に充当へ

CBcloudは12月17日、国内外の機関投資家や企業を引き受け先とする第三者割当増資(シリーズCラウンド)と大手金融機関からの追加融資枠設定で総額約60億円の資金調達を実施したと発表した。

2016年9月からの融資を含む累計調達額は約80億円に達した。調達先などの詳細は開示していない。

荷物と運び手をマッチングするサービス「PickGo」の二輪車・軽貨物の個人パートナーは4万人、一般貨物の協力運行会社は1000社を突破。配送事業者の業務効率化を支援する「SmaRyuトラック」の導入社数は880以上、「SmaRyuポスト」は2021度末までに全国750局の郵便局への導入を予定している。

調達した資金は、サービス内容の強化やマーケティング、人材採用に充当する予定。

今後の展開として、CBcloudのプラットフォームの特徴を活かした緊急・即日配送サービスを「PickGoエクスプレス」と再定義し、従来の法人・ウェブ経由に加え、個人のユーザーにアプリ経由でも依頼を可能にした。これまで未対応だった買い物代行以外の個人の配送ニーズの取り込みを図る。

また、「PickGoエンタープライズ」を新たに定義し、PickGoの配送パートナー、飛行機、鉄道などのアライアンスを含む配送インフラネットワークやテクノロジーをフル活用することで、顧客企業の個別ニーズに応じた物流を構築・提供する計画。

一例として、インターネットスーパーなど、従来は難しかった短いリードタイムでの配車や、予測しにくい需要変動への対応を可能にすると説明。「PickGoエンタープライズ」を通じて顧客企業の物流費用削減だけでなく、一段の収益成長や新事業の創出も支援する。


(画像はいずれもCBcloud提供)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事