画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

大和ハウス、バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を30年度までに40%削減目指す

大和ハウス、バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を30年度までに40%削減目指す

新たなカーボンニュートラル計画を策定

大和ハウス工業は5月16日、バリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を2030年度までに15年度実績比で40%削減することを目指す新たなカーボンニュートラル計画を策定したと発表した。

創業100周年を迎える2055年を見据えた環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」を策定し、グループ、グローバル、サプライチェーンを通じて「環境負荷ゼロ」の実現を目指している。事業活動やまちづくりなどの観点からバリューチェーン全体の温室効果ガス排出量を抑えることを新たに打ち出した。

事業活動では、「RE100(再生可能エネルギー利用率100%)」の達成を当初目標の2040年度から23年度へ大幅に前倒しするとともに、30年度の温室効果ガス排出量を15年度比70%削減することを表明。

まちづくりの面では30年度までに建設および開発する全建物を原則、建物で消費する1次エネルギー(石油や石炭など加工されない形で供給されるエネルギー)を全て省エネなどで賄う「ZEH・ZEB」に切り替え、太陽光発電設備を搭載することにより、30年度の温室効果ガス排出量を15年度比で63%削減する。


(プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事