川金HD、“不適合免震・制振”納入6施設を初公表

川金HD、“不適合免震・制振”納入6施設を初公表

全体では107件に修正、物流施設は2件で変わらず

 川金ホールディングス(HD)は12月26日、グループの光陽精機が製造、川金コアテックが販売をそれぞれ手掛けていた免震・制振用オイルダンパーの検査データを改ざんしていた問題に関し、当該の装置を納入した建物数を従来の91件から94件に修正すると発表した。いずれも顧客との契約で定めた基準に適合していない。免震で物流施設が2件含まれているのは変わらなかった。

 併せて、光陽精機が製造、直接販売していた制振用オイルダンパーで、問題の製品を収めた先が13件あったと説明。川金HDは社内調査が終わったため「今後国内対象物件数の増減はない」と強調している。

 同社はまた、問題の装置を納めた建物などのうち、所有者の了解が得られた6件の具体名を初めて公表した。秋田県警察本部や国土交通省東京航空局など。物流施設などの民間施設は含まれていない。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事