【災害】台風19号の倉庫被害、4県で計39棟に拡大

【災害】台風19号の倉庫被害、4県で計39棟に拡大

国交省集計、営業所は81事業者で営業所などの浸水確認

国土交通省が10月19日午後に公表したところによると、台風19号で浸水などの被害を受けた倉庫は同日午前11時現在、福島と宮城、千葉、静岡の4県で計39棟に拡大した。

18日午後1時半時点より福島で新たに浸水が2棟、冷凍冷蔵コンプレッサーの水没が1棟増えた。内訳は次の通り。

・福島(7)=浸水5、冷凍冷蔵コンプレッサーの水没2
・宮城(13)=浸水9、屋根等からの雨漏り1、シャッターの破損3
・千葉(1)=屋根の一部破損1
・静岡(18)=シャッター等の破損9、浸水等4、屋根等からの雨漏り3、浸水によるポンプ等の故障2

また、トラック運送の81事業者で営業所や車両などが浸水の被害を受けている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事