画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

NIPPON EXPRESS、ブリュッセル国際空港施設でGDP認証取得

NIPPON EXPRESS、ブリュッセル国際空港施設でGDP認証取得

2温度帯対応の専用温調施設、医薬品物流の需要獲得図る

NIPPON EXPRESSホールディングスは1月14日、グループのNXベルギーがブリュッセル国際空港の貨物地区内施設で、在庫保管を含むフォワーディング業務(航空・陸上)に関し、医薬品の適正流通基準「GDP(GOOD DISTRIBUTION PRACTICE)認証」を取得したと発表した。発効日は2021年12月21日。

ベルギーは世界的な製薬企業に加え、医薬品の製造受託機関やワクチン製造会社、バイオテクノロジー分野の研究機関が多く、製造・開発の集積拠点となっている。

NXベルギーは、医薬品輸送専業のMEDEXIとビジネスパートナー契約を締結し、2℃~8℃(冷蔵)、15℃~25℃(定温)の2温度帯に対応可能な同社の医薬品専用温調施設(2000平方メートル)でGDP認証を取得した。MEDEXIの医薬品に関する知見、高度なオペレーション品質と、NXグループの国際温度管理輸送サービス、倉庫保管機能を組み合わせ、医薬品物流の需要を着実に獲得したい考え。


倉庫室内

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事