運輸・郵便業の11月新規求人数は5万8064人で前年同月比5.2%増

運輸・郵便業の11月新規求人数は5万8064人で前年同月比5.2%増

 厚生労働省が12月28日に発表した「一般職業紹介(平成30年11月分)」によると、当月の運輸業・郵便業における一般新規求人数(常用、パートタイム、臨時・季節)は5万8064人で前年同月から5.2%増加した。

 前月(6万8147人、11.1%増)との比較では数字を下げたものの、主要産業別で見た伸び率は建設業の7.1%増に次いで2番目に高かった。

 雇用形態別では常用が3万9144人(6.7%増)、パートが1万5163人(3.7%増)、臨時・季節が3757人(マイナス2.7%)。このうちパートは前月に2万843人、17.9%増と突出した伸びを見せたが、当月は比較的落ち着いた水準で推移した。

(鳥羽俊一)

詳細は下記から
https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/000462981.pdf

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

厚生労働省カテゴリの最新記事