画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

ZOZO、千葉・習志野と茨城・つくばの物流拠点電力を再エネ由来100%に

ZOZO、千葉・習志野と茨城・つくばの物流拠点電力を再エネ由来100%に

昨年の本社に続き、CO2削減図る

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは1月20日、プロロジスの物流施設内に構えている拠点「ZOZOBASE習志野1」(千葉県習志野市)と「ZOZOBASEつくば1」(茨城県つくば市)で、実質的にCO2排出量がゼロとなる再生可能エネルギー由来の電力を100%導入したと発表した。

ZOZOの物流拠点全体の電力消費量(2100万キロワット時)の6割以上が再生可能エネルギーで賄うことになる。

今回両拠点に導入する電力は、トラッキング付・FIT非化石証書等が付与された実質再生可能エネルギー電気を採用。バイオマスや太陽光で生み出している。

習志野は年間約610万キロワット時の電力を使用しており、再生可能エネルギー導入によるCO2削減量は2850トンに相当する。つくばは消費電力が年間約610万キロワット時で、約2650トンのCO2削減を見込む。

2021年2月には千葉市稲毛区のZOZO本社社屋で同様の措置を講じており、物流拠点は初めて。

同社はこれまでにもプロロジスグループとZOZOBASEの全照明をLED化するなど、環境に配慮した物流施設のインフラ整備を図ってきた。今後も温室効果ガスの削減を目指し、他の物流拠点で再生可能エネルギーの導入を広げていく予定。

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事