画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三菱造船が「海洋脱炭素グループ」を新設

三菱造船が「海洋脱炭素グループ」を新設

新たな技術開発と事業創出加速図る

三菱重工業は2月1日、グループの三菱造船が同日付で「海洋脱炭素グループ」を新設したと発表した。

同組織に技術開発、市場調査、事業戦略の立案から実行までの機能を集約させ、脱炭素分野の技術開発と新事業創出を加速。海洋分野のカーボンニュートラル社会実現に向けた世界の動向や市場ニーズに即応することを目指す。

近年の脱炭素化の潮流で新たなエネルギーへの転換が求められ、グローバルトレードを前提としたアンモニアなどのクリーンエネルギー輸送船や、化石燃料の静脈物流としてのLCO2船(液化CO2輸送船)に対する需要増が見込まれている。

三菱造船は三菱重工グループが保有する陸海をまたがった多種多様な製品や技術と連携し、脱炭素を志向している顧客やパートナー企業へ三菱造船ならではの技術や製品、システム、トータルソリューションを提案。カーボンニュートラル社会の実現に貢献する。

三菱造船の北村社長は「LCO2船やアンモニア燃料輸送船などの成長分野については、お客様からも多数問い合わせをいただいており、技術革新とともに対応できる専門組織が求められています。今般の海洋脱炭素グループの新設により、三菱造船が保有するオイル&ガス技術を利用・応用した新規事業開拓を加速し、従来の造船技術と併せて“両利きの経営”を目指します」とコメントしている。


LCO2船のイメージ図(三菱重工業提供)

(ロジビズ・オンライン編集部)

その他カテゴリの最新記事